top > パソコン・ネット関連 > PCトラブル・故障 > \WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEMエラーで起動しない

\WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEMエラーで起動しない

パソコンを起動した真っ黒な画面に、

次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした:WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEM オリジナル セットアップ CD-ROM から Windows セットアップ を起動して、このファイルを修復できます。 修復するには、最初の画面で 'R' キーを押してください。と出て起動しない。

もちろんセーフモードでもおんなじ。調べると結構同じような症状の人が多いみたい。

みんなが実践してるように起動ディスクより、回復コンソールを起動しMicrosftのホームページを参考にし実行。

以下引用です。
Windows XP CD-ROM または Windows XP 用起動ディスクからコンピュータを起動できる場合

1. Windows XP CD-ROM をコンピュータの CD-ROM ドライブに挿入した状態で、コンピュータの電源を入れます。または、Windows XP 用起動ディスクをフロッピーディスク ドライブに挿入し、コンピュータの電源を入れます。 コンピュータの電源が入っているときは、Windows が起動していなくても CD-ROM ドライブの排出ボタンを押すことにより、CD-ROM ドライブを動かすことができます。CD-ROM ドライブの使用方法はお使いのコンピュータ製造元または CD-ROM ドライブ製造元にご確認下さい。

2. Windows XP CD-ROM から起動する場合、"Press any key to reboot from CD..." の文字が画面に現れたら、Enter キーを押します。起動ディスクから起動の場合、Windows Setup の画面 (青) が表示されますので、画面に指示に従い、起動ディスクの 2 枚目から 6 枚目を順次挿入し、Enter キーを押してください。

3. セットアップの開始 メニューが表示されましたら、R キー (回復コンソール) を押します。

4. キーボードの種類を特定します。日本語キーボードをお使いの場合は、半角/全角 キーを押します。

5. キーボード選択の確認で問題が無い場合、Y キーを押します。

6. どの Windows インストールにログオンしますか? メッセージ表示されたら、Windows がインストールされているドライブの番号を入力し、Enter キーを押します。
例: 1: C:\WINDOWS と表示されている場合、"1" を入力し Enter キーを押します。以下、C:\WINDOWS が選択されたと仮定します。注 : キーボード上の Num Lock キー ランプが消えている場合は、あらかじめ Num Lock キーを押してランプをつけてから数字キーをご使用ください。

7. Administrator のパスワードを入力し、Enter キーを押します。 Administrator のパスワードが空白の場合は、何も入力せずに Enter キーを押します。注 : Administrator のパスワードとは Windows XP セットアップ時に指定した管理者 (Administrator) 用パスワードです。

8. C:\WINDOWS> の後に、cd system32\config と入力して、Enter キーを押します。
重要 : 上記のコマンドを実行してエラー メッセージが表示される場合、1 つずつのフォルダに対して、ディレクトリ変更コマンド (cd) を実行してください。
例 : C:\WINDOWS> の後に cd system32 と入力して、Enter キーを押します。続いて、C:\WINDOWS\SYSTEM32> の後に cd config と入力して、Enter キーを押します。

9. C:\WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG> の後に、dir system と入力して、Enter キーを押します。
注 : コンピュータの起動時に表示されていたエラー メッセージが \WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SOFTWARE であった場合は、手順 9 から手順 12 の "system" を "software" にそれぞれ置き換えて入力してください。

10. 「一致するファイルがありません」メッセージが表示され、コマンドを正常に実行できない場合、手順 12. に進みます。

11. 「1ファイル XXXXXXXXX バイト」メッセージが表示され、コマンドを正常に実行できた場合、C:\WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG> の後に、ren system system.bak と入力して、Enter キーを押します。
注 : このコマンド操作では画面上には C:\WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG> 表示のまま、特にメッセージは表示されません。

12. C:\WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG> の後に、copy c:\windows\repair\system と入力して、Enter キーを押します。"1個のファイルをコピーしました。" 情報メッセージが表示されます。

13. フロッピーディスク ドライブおよび CD-ROM ドライブにディスクが挿入されている場合はディスクを取り出してください。ディスクが挿入されていないことを確認の上、C:\WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG> の後に、exit と入力し Enter キーを押して回復コンソールを終了します。コンピュータが再起動されます。

上記の手順通りやってみたが、手順12でファイルがありませんと言って先に進まない。この時点でかなり時間かかっていたから、HDDを引き抜きUSBの外付けケースに入れてもう一台のPCに接続し、もう一台のPCの C:\WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYTEMファイルを壊れたHDDにコピーしてみた。

そしたらWindowsの画面が出たからやったーと思ったけど、今度は違うエラーが出た。

システム エラー Lsass.exe
パスワードを更新しようとしたときに、このリターン状態は、現在のパスワードとして指定した値が正しくないことを示します。

と出て再起動を繰り返す。

もう一度回復コンソールを使おうと思って、Administratorのパスワードを入力したら今度はエラーでパスワードが通らず回復コンソールが使えない。やばい余計なことしたかな?

もうこれはリカバリしかないかな?と思いつつもリカバリはめんどくさい・・・

なのでもう少し調べてみるとそれらしき解決策を発見。

どうもレジストリハイブファイルを元に戻せば、とりあえず元通りになるはずとあったので、やってみる。幸いにも、もう一台PCがあったので、そちらの方に先ほどのように壊れたHDDをUSBで接続しファイルをいじってみた。

System Volume Information フォルダの中のレジストリハイブファイルをコピーすればいいらしく、まず、マイコンピュータを開き、[ツール] メニューの [フォルダ オプション] をクリックし、[表示] タブをクリック。その中の[すべてのファイルとフォルダを表示する] をクリックし次に、[保護されたオペレーティング システム ファイルを表示しない (推奨)] チェック ボックスをオフにする。

これでCドライブを開くとSystem Volume Information フォルダが表示されるので、その中の"_restore{87BD3667-3246-476B-923F-F86E30B3E7F8}" のような _restore {GUID} フォルダを開く。
※この時、System Volume Information フォルダへのアクセスが拒否された場合は、フォルダのアクセス権を、「Everyoneフルコントロール」にすればOK。

System Volume Information フォルダへアクセスする方法by Microsoft

その中にRPxで始まるフォルダがあるはずなので(それらは復元ポイントのフォルダ)フォルダの作成日時が、現在の時刻ではないフォルダを開く。(作成日時を表示して復元したい日付のRPxを選ぶ)

そして、その中のSnapshot サブフォルダを開く。

パスは、C:\System Volume Information\_restore{D86480E3-73EF-47BC-A0EB-A81BE6EE3ED8}\RP1\Snapshot

snapshot フォルダから、以下のファイルを探す。
_REGISTRY_USER_.DEFAULT
_REGISTRY_MACHINE_SECURITY
_REGISTRY_MACHINE_SOFTWARE
_REGISTRY_MACHINE_SYSTEM
_REGISTRY_MACHINE_SAM

そしてこれらのファイルの名前を次のように変更。
_REGISTRY_USER_.DEFAULT を DEFAULT に変更。
_REGISTRY_MACHINE_SECURITY を SECURITY に変更。
_REGISTRY_MACHINE_SOFTWARE を SOFTWARE に変更。
_REGISTRY_MACHINE_SYSTEM を SYSTEM に変更。
_REGISTRY_MACHINE_SAM を SAM に変更。

そして変更したこれらのファイルをC:\windows\system32\config\に上書きコピーする。そしてHDDを元のPCに戻して起動したら、無事RPxで表示された復元ポイントの日付の状態で起動できた。

ものすごく時間がかかったけどすごい達成感を味わえたよ~。疲れた(--〆)

参考にしたサイト
http://orbit.cocolog-nifty.com/supportdiary/2006/12/post_cfcd.html
次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows XP を起動できませんでした:\WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEM


このエントリーをはてなブックマークに追加
【みなさんこちらも読んでます】

コメント

突然コメントさせていただきます。
WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEM
上記のエラーで検索しておりましたらこのページがでてきてさっそく読まさせていただきました。
このエラーに関していろいろ書いてあるページがありましたがこのページが一番わかりやすかったので
実践させていただきました。
私の場合13番目まで行ってから再起動後ウインドウズが立ち上がりビックリしました。
普通だとまだまだコマンド作業が続くと思っていたのに、この状態でウインドウズが立ち上がり
おかげさまで今現在ハードディスクのウインドウズを修復して無事使っております。
このページがなかったらうちのハードディスクは初期化されていたかもしれません。
お礼の言葉を込めてコメントさせていただきました。
本当にありがとうございました。

お役に立ててなによりです(^-^)

はじめまして。
私も現在、この現象と格闘中です。

私の場合、回復コンソールを起動するやりかただと、6で進まなくなってしまいました・・・。

そこで、
「もう一台のPCの C:\WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYTEMファイルを壊れたHDDにコピー」
しようと考えて実行したのですが、
「SYSTEMによってファイルが開かれているため、操作を完了できません。」
と言われてしまいました。

もし良ければどうやってコピーしたのか教えていただけないでしょうか??

「もう一台のPCの C:\WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYTEMファイルを壊れたHDDにコピー」しようとしているといることは、コピー元のPCは起動されているということですよね。その状態だと、「SYSTEMによってファイルが開かれているため、操作を完了できません。」と出ます。

なので、壊れたHDDを2.5インチHD対応マウンタ(どのタイプのHDDか分かりませんが)のようなものに接続して、起動しているパソコンにつなぎます。それで起動しているパソコンから、そのつないだ壊れたHDDが認識できれば、その壊れたHDDに対して上記の作業を行ってみてください。

うまくいきますように!

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://varitopi.com/mt-tb.cgi/220