派遣社員

40代の派遣社員は厳しいのは間違いない!将来を変えるためにやるべきことを紹介!

暗い道を歩くサラリーマン

これから40代になる30代の人、40代で仕事を探している人、派遣社員として働きたいけど仕事があるのか、このまま派遣を続けられるのか気になりますよね。

これは派遣社員に限った話ではありませんが、20代、30代と比べると採用が難しくなるのは当然ですし、またライバルが多いなかで選ばれるためにはそれなりの経験やスキルが必要です。

ちなみにわたしも40代で派遣社員をしていましたが、42歳で正社員へと転職しました。

その理由は40代は良くても50代、60代で派遣社員を続けるのはもっと厳しいと思ったからです。

ここでは、40代の派遣社員が厳しい理由と仕事を紹介してもらうために必要なこと。

さらには正社員へと転職をおすすめする理由を紹介します。

40代の派遣社員が厳しい理由

わたしは42歳で派遣社員から未経験の仕事の正社員へと転職をしました。

その理由は40代、そしてこのまま50代、60代を派遣社員として働くのは厳しいと感じたからです。

その理由は以下。

紹介してもらえる仕事の数が減ってくる

40代の派遣社員の需要は経験、即戦力です。

なんの経験もスキルもない40代が仕事を紹介してもらうのは難しいが現状。

だって経験もスキルもなかったら派遣会社、派遣先の企業としては20代、30代の方を紹介、採用するでしょう。

あえて年齢の高い人を雇うメリットがないからです。

社員が若い世代ばかりで派遣のほうが年上だと仕事がしづらいという理由で紹介を見送られるケースもあります。

契約期間が終了したり、派遣切りにあったら仕事を探さなければなりませんが、40代までに培ってきた経験やスキルを活かすことができなければ、仕事が探しにくい、あったとしても時給は安くなってしまいます。

自分じゃなくても替えが効く

派遣社員は「替えがきく労働力・人材」です。

40代の正社員だと部下のマネジメントだったり、これからの会社の将来を任せられる仕事ができます。

しかし、派遣社員は正社員のサポートなど雑務的な仕事がメインなので、自分じゃなくても替えがきくんですよ。

いくら完璧に仕事をこなし、会社に貢献してもそれが当たり前。

もし自分が辞めても別の替えを用意されるだけです。

年収が低すぎる・時給が安い

時給はその人の経験やスキルによりますが、それでも同じ40代の正社員と比べると年収は低いです。

転職サイトのリクナビNEXTによると、40代の正社員として正規雇用で働く人の平均年収は561.3万円です。

一方、契約社員や派遣社員、アルバイトといった非正規雇用として働く人では、平均年収は256.3万円

およそ2倍の開きがあります。

わたしの派遣社員時の年収はおよそ200万円。

地方住まいなので家賃なども安いですが、これで東京など都市部で働いていたらもっと厳しかったと思います。

現在どういった派遣の仕事が募集されているのか見てみると、例えば未経験でもできる工場での仕分けや荷詰め、梱包などの仕事は時給1,200円ほど。エクセルが使える営業事務で1,700円ほど。

1,200円×8時間×22日=211,200円/月(手取り17万円ほど)

1,700円 ×8時間×22日=299,200円/月(手取り22万円ほど)

時給1,700円であればそこまで悪くはありませんが、こういった求人は競争率も高く、簡単に採用されないケースが多いです。

結婚がしにくい

お金より愛情という異性と結婚するのがベストですが、現実問題、お金は家庭を築いていくうえで必要です。

結婚相手に求める条件として「経済力」は上位に入っていますし、結婚したいと思う相手の職業ラインキングでは、公務員、医師、IT関連といったお堅い職業がランクインしています。

わたしの経験から毎日ケチケチした節約生活をしているとストレスが溜まります。

また妻に贅沢をさせてあげれない不甲斐ない自分が嫌になることもありました。

そういった不満や困難をお互いにサポートするのが結婚だとは思いますが、やはり結婚条件として一定の年収以上を求める人が多いのは事実です。

子供に迷惑をかける

お金がないと子供にも迷惑をかけます。

わたしは子供のころ貧乏だったので、惨めで辛い思いをたくさんしました。

友達と一緒にお菓子屋さんに行ってもお小遣いがないので自分だけ買えない、ゲームやおもちゃは買ってもらえないのでいつも友達から借りる。

私立はお金がかかるからいけない、大学も行けないなど。

自分が貧乏だったのでお金がないことで感じる辛さは分かります。

これを子供には味わせたくないです。

世間体が悪い

あえて派遣社員という働き方をしている人もいますが、世間には派遣と聞いただけで見下したり、勝手に心配してくる人がいます。

学歴が高くて高給取りの職業の人だったり、公務員が最高の仕事だと思っているような目上の人なんかに多い印象です。

わたしが最初の妻の両親に挨拶に行ったとき、真っ先に職業を聞かれました。

そのとき派遣社員とは言わず、仕事の内容しかいいませんでしたが、いきなり仕事を聞いてくる時点で世間体を気にする人なのだと思います。

40代で派遣で大丈夫?なんて勝手に心配してくる人もいますし、雇用形態で他人を判断する人がいるのは事実です。

以上がわたしの経験と一般的に40代の派遣社員が厳しいと言われる理由です。

40代の派遣社員が仕事を紹介してもらうために必要なこと

では40代の派遣社員が厳しい現状を打破して仕事を紹介してもらうためには何をすればいいのか?

  • 資格を取る
  • 希望就業条件を緩和する
  • 未経験者が採用されやすい業界や職種を選ぶ
  • 人気のない求人を狙う
  • 派遣会社の営業担当者と信頼関係を築く
  • 単発・短期の仕事を引き受ける
  • 正社員への転職を頑張る

こういったことが必要かなと思います。

詳細については別の記事にまとめているのでご覧ください。

40代を乗り切っても50代で派遣社員を続けられるのか?

40代の派遣社員は20代、30代と比べると仕事が見つかりにくいなど厳しいのは間違いありません。

そのために、資格を取ったり希望条件を緩和して求人を探したり、いろいろ対策は打てると思います。

しかし、個人的に不安なのはその先です。

40代を何とか乗り切っても50代になるとどうなんだろうと。

年齢がネックになるのは間違いなく、いまよりも厳しくなるのは目に見えています。

実際に50代、60代の派遣社員の数は40代よりも減っていますからね。

そんな先のことよりもまずは目先の生活と思うかもしれませんが、その働き方では本当にその日暮らしになってしまいます。

数か月後、数年後の契約満了時にひやひやしながら焦って次の求人を探すのってすごい不安だしストレスです。

わたしはそんな働き方をしたくなかったので正社員になることを決めました。

40代でも厳しいのに50代、60代ってやっていけるでしょうか。

考えは人それぞれですが、派遣社員として仕事を取り続けることに注力するのではなく、少しでも安定した正社員になるために労力を使ったほうが自分は安心かなと思います。

同じような思いの人はぜひ正社員への転職にチャレンジしてみて下さい。

何の取り柄もなくわたしでも、40代で派遣社員から未経験の正社員へとなれたのできっと大丈夫です。

お互い頑張りましょう。