派遣社員

40代で年収300万って負け組?結婚やマイホームについての考察

300万円

どうも元派遣社員のヒロくんです。

42歳で年収200万円の派遣社員から年収320万円の正社員へと転職しました。

40代で年収300万円って世間一般には低いと言われますが、はたしてその状態で結婚やマイホームを持つことってできるのでしょうか。

またそんな自分って負け組なのでしょうか。

40代で年収300万円の人はそのあたりのことが気になると思います。

それらを深堀して考えてみたいと思います。

40代で年収300万円って世間的に普通?低すぎる?

まず40代の平均年収がどれくらいなのか見てみましょう。

国税庁が行った民間給与実態統計調査によると40代の性別ごとの年収は以下のようになっています。

40~44歳
男性:582万円
女性:313万円

45~49歳
男性:629万円
女性:324万円

参考URL:https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2019/pdf/000.pdf

40代の男性の平均年収は600万円くらいで女性は300万円ちょっとという結果です。

男性と女性で約2倍の開きがありますね。

この記事を読んでいるあなたが男性なら平均のおよそ半分の年収、女性なら普通ということです。

わたしは男性なので、世の中の平均と比べると半分しか給料もらっていないってことですね。

何とも悲しいものです。

地方で40代の年収300万円ってどうなの?

上記の40代の平均年収のデータは全国の平均です。

住んでいる地域によって年収って結構違ってくるので、自分は300万円だから低すぎると落ち込む必要はありません。

例えば、東京都と鳥取県など地域によって給料は全く違いますからね。

自分が住んでいる地域の平均を基準に見たほうが良いです。

というわけで、求人ボックスという価格コムが運営するサイトの情報をもとに各県の40代の平均年収を調べてみました。(求人ボックスさんありがとうございます。)

数字はざっくり四捨五入してたので参考程度に見てください。

北から順にいきます。

都道府県名 40代の平均年収
北海道・東北
北海道 480万円
青森県 400万円
岩手県 420万円
秋田県 410万円
宮城県 520万円
山形県 430万円
福島県 460万円
甲信越・北陸
長野県 500万円
山梨県 505万円
新潟県 555万円
富山県 480万円
石川県 500万円
福井県 490万円
関東
東京都 700万円
神奈川県 600万円
千葉県 540万円
埼玉県 530万円
茨城県 550万円
栃木県 535万円
群馬県 520万円
東海
愛知県 620万円
静岡県 540万円
岐阜県 520万円
三重県 555万円
関西
大阪府 600万円
兵庫県 550万円
京都府 545万円
滋賀県 555万円
奈良県 530万円
和歌山県 500万円
中国
岡山県 505万円
広島県 550万円
鳥取県 430万円
島根県 440万円
山口県 500万円
四国
愛媛県 450万円
香川県 490万円
高知県 430万円
徳島県 475万円
九州・沖縄
福岡県 520万円
佐賀県 450万円
長崎県 450万円
熊本県 455万円
大分県 460万円
宮崎県 420万円
鹿児島県 440万円
沖縄県 415万円

この各都道府県の40代の平均年収の表を見ると300万円台はないですね。

低くても400万円台~となっています。

この結果からもわかるように40代で年収300万円は地方であっても低いということが分かりました。

やはり元々の年収が高い正社員が平均値を上げているのでしょう。

40代で年収300万円の人は結婚は難しいのか?

40代で年収300万円である人の悩みで多いのが結婚できるか?ということ。

40代(男性)の派遣社員の結婚が難しい原因と対策でも書いたのですが、結婚後の夫婦2人の生活費は平均で25万6,632円です。

年収300万円の手取りは240万円くらいなので、月収にすると約20万円ほど。

つまり一人の給料で養っていくのは難しい、共働きじゃないと結婚生活はなりたたないという結果に。

でも、わたしも年収200万円の派遣社員で、妻の年収もそれくらいで子供が二人いました。

まぁ地方なので家賃が安く生活できていたこともありますが、2人で働けば全然いけると思います。

結婚に関しては自分が良い人を見つけられるかなので、40代で年収300万円でもOK、気にしないって人を探すしかないと思います。

あとはどこで結婚相手を探すかですよね。例えば、婚活なんかは条件で相手を選ぶ人が多いので年収を見た時点で除外する人もいるでしょう。

ただ最初から無理と決めつけて諦めたらそれまでなので、根気よく相手を探すしかないと思います。

わたしなんて年収200万円の派遣社員時代に結婚できましたからね。

まぁ40代にはなっていませんでしたが、世の中には年収や年齢を気にしないって人もいるので、諦める必要はありません。

40代で年収300万円だとマイホームは無理?

結婚と合わせて悩みとして多いのがマイホームです。

果たして40代で年収300万円の人がマイホームを持つことは可能なのでしょうか。

結論から言うと可能です。

例えば、地方のハウスメーカーには「年収200万円から買えるマイホーム」「派遣社員でもOK」と謳っているところもあります。

そこの新築価格を見てみると、「土地+建物+照明+外構」のセット価格が、1,870万円(税込)。

月々の支払いは、22,700円となっています。

これって家賃より安いですよね。

しかし、金額だけを見て判断するのは危険です。

上記の詳細を見ると、返済期間は35年ではなく40年になっていますし、ボーナス払い(年2回) 136,200円と記載されています。

またマイホームを持つと住宅ローン以外にも固定資産税(物件にもよりますが月1万円ほど)も別途必要になってきます。

子供もいれば将来の教育費も必要ですし、しっかりと計算をして無理のない返済範囲であるかどうかを見極めないといけません。

また一人では住宅ローンが組めなくても、共働きなら夫婦二人でローンを組むこともできますので、相談して試算してみると良いでしょう。

40代で年収300万円を負け組だと思うなら勝ち組になる努力をするしかない

40代で年収300万円は平均よりは低いと言わざるを得ません。

しかし、別に結婚だってできるしマイホームだって持つことができます。

だから、別に悲観する必要はないし、それで自分や家族が楽しく生活できるなら気にしなくていいのではないでしょうか。

ただ、そんな状況が嫌、負け組だと思ってしまうのなら勝ち組になる努力はするべきです。

わたしは40代で年収200万円の派遣社員であることがコンプレックスで嫌でした。

だから正社員になる努力もしたし、副業も始めました。それでもまだ年収は300万円台です。

でも現状を嘆いているだけでは何も変わらないので、嫌なら努力するしかないんですよね。

これからもっと稼いで自分の中で満足できるくらいになるように努力し続けます。

だから、あなたも現状に不満なら一緒に頑張りましょう!