派遣社員

40代で転職を諦めたい、心折れそうでも諦めずに続けるしか道はない!

nevergiveup
  • なかなか希望条件に合う求人がない
  • 何社も応募しているけど書類選考が通らない
  • 不採用の連続で心が折れそう

このように転職を諦めかけている40代の方。

その気持ちわかります。

わたしもその苦労を味わい一時諦めたのですが、なんとか42歳で転職をすることができました。

「諦めずに転職活動を続けよう!」と口で言うのは簡単ですが、実際は相当難しいことです。

でも、諦めたら50代、60代で後悔するのは間違いありません。

ここでは自身の経験をもとに40代が転職を成功させるために必要なことを紹介します。

あなたがモチベーションを保って転職できるきっかけになれば幸いです。

50代になって派遣を続けるのは無理、40代で転職を決意した話

まず、わたし経験談を紹介します。

わたしは20代後半からずっと派遣社員として働いていました。

当時から年収はさほど変わらず、40代になっても年収200万円、月収の手取りは16万円ほど。

結婚をしており子供が2人いる一家の大黒柱です。

妻は正社員として働いており、共働きなのでどうにか生活はできていましたが、これから子供が高校や大学に進学すること、自分たちの老後の資金を考えたら、自分は年収200万円のままでは無理だと分かっていました。

また、派遣社員なのでいつ首を切られ仕事がなくなるか分からないリスクもあります。

このまま50代、60代、老後を迎えるのは危険すぎるかなと。

それで40歳になって転職を決意し、職は探していたのですが、なかなか希望に合う転職先は見つからず。

また見つかっても書類でアウト。採用までは至りませんでした。

それで、やる気もなくなりだらだらと転職活動をしてたらあっという間に2年が経過し42歳になったのです。

そんなわたしを見かねた妻からの催促もあり、また気合を入れて転職活動を再開しました。

もう、履歴書も何枚書いたか分かりませんし、転職サイトも登録できるところは全部やったし、ハローワークにも何度通ったかもわからないくらい必死でした。

その甲斐あってようやく42歳で正社員へと転職できたのです。

だから、同じ40代として転職が大変なのはわかります。

諦めたい気持ちも分かります。

わたしは40代前半ですが、なかには40代半ば、後半の人いるでしょう。

でも、自分には無理だと諦めないでください。

スラムダンクの安西先生の言葉じゃないですけど、「諦めたらそこで試合終了です」

転職活動を続ければ希望はあります。

一度、諦めたわたしでもできたので、なんとかうまくいって欲しいと心から思います。

40代の転職活動が難しい理由

40代ってどうして転職が難しいのでしょうか?

それは以下のような理由があるからだと思います。

40代の求人自体が少ない

まず1つ目が40代の求人が少ないこと。

東京労働局の全国の年齢別有効求人倍率をみると、40代は1倍を切ってます。

つまり求職者1人に対して、1件の求人すらないという状況です。

コロナウイルス等の影響もあるでしょうし、もともと求人の少ない所で職を探しているのですから厳しくて当然です。

求人の少ない職種を狙っている

これは40代に限らずですが、求人の少ない職種に応募していることも考えられます。

マイナビ転職のデータによると、2021年1月の一般事務の有効求人倍率は0.25倍です。

いっぽう、建築・土木・測量技術者は6.24倍とかなり差があります。

このように職種によってもかなり差があるので、求人の少ない職種ばかりを狙っている可能性もあります。

企業が求めるスキルや経験がない

40代の人材を求めている企業の多くは、経験や即戦力となるスキルを求めている所が多いです。

20代のように一から教育して育てるのではなく、入社後にすぐに使えるような人でないと、あえて40代を採用するメリットがないからです。

そういった条件を満たしていない場合も転職が難しい理由の一つでしょう。

これまでの経験やスキルを活かせる求人に応募しているかも確認が必要です。

理想が高く条件が多い

これはわたしにも当てはまっていたのですが、40代だからこれだけの給料が欲しいとか、土日休みで、通勤は車で15分以内とか、求める条件が多く理想が高いケース。

理想や条件が増えるほどに選択肢は限られてきます。

営業職は嫌、年収は400万円以上、残業無し、週休二日制・・・

企業に求める条件は多すぎませんか?

履歴書や職務経歴書の内容がいまいち

何社も応募しているけど書類がまず通らないという人も多いのではないでしょうか。

人事担当はまず書面で入社に値する人かどうかを判断します。

つまり、最初に送る履歴書でうち働いてもらいたいと思ってもらえないとアウトです。

当然ライバルも多いでしょうから、人とは違た魅力ある履歴書の内容になっているかが重要です。

子どもがいるからという理由ではねられる

子持ちの40代女性というだけで敬遠されることもあります。

男女平等とか、男性も育休とかいってますが、そういった考えが浸透していない企業もまだまだ多いのが現状です。

お子さんが小さければ休みが増えるとか、残業させられないとか、企業にとって不都合と捉えられ、それだけではねられることもあります。

40代が転職を成功させるための方法

40代の転職が難しい理由を踏まえて、転職を成功させるためには以下のようなことが必要だと感じます。

  • スキルや経験を問われない求人を探す
  • 条件を妥協して探す
  • 人手不足の業界に転職する
  • 応募書類の内容を見直す

40代が即戦力として経験やスキルが問われるのは間違いないです。

だとしたら、これまでの経験が活かせる仕事を探すか、そういったことを問われない仕事を探すしかありません。

これから経験やスキルを身に付けるのもありですが、当然時間はかなりかかるでしょう。

条件を妥協したり、有効求人倍率の高い求人に応募するなど、戦略を変えて採用されやすい所に絞るのも一つです。

40代で他人よりも突出した何かがなければ、難しいのは間違いありません。

その何かが無いのであれば、贅沢は言わず少し広い視野で求人を探してみてはどうでしょうか。

また、書類選考を通過するために履歴書等の内容を見直すことも重要です。

まずは、第一関門を突破しない事には先に進めませんから、人事担当者の目を引くような内容にしていきましょう。

それと、転職エージェントの登録は必須です。

転職エージェントとは、あなたの希望に合った企業を紹介してくれる転職支援サービスです。

すでに利用されている方も多いと思いますが、1社ではなく数社登録するのがおすすめ。

これまでの経験やスキルを考慮し、また希望に沿うような求人を紹介してくれます。

また、面接や履歴書等の書き方のアドバイスもしてくれるので、ぜひ活用してください。

それに非公開求人と言って転職サイトやハローワークには載っていない独自の求人を持っているので、選択肢の幅が広がります。

わたしは地方在住ですが、ハローワークにも載っていない求人がいくつもありました。

詳細はこちらの記事にまとめたのでぜひ利用してみて下さい。

とにかく諦めずに転職活動を続けるしかない

当たり前のことですが、40代の転職は簡単ではありません。

わたしも経験したからこそ分かります。

だから諦めたい気持ちもわかるし、辛いのも分かります。

でも、諦めたらそこで終わり。

いまより大変な50代、60代を迎えることになるでしょう。

諦めずに転職活動を続ければ希望はあります。

10社不採用なら20社受ければいいし、それでもだめなら30社、40社と諦めずに続けるしかないんですよね。

ただ、続けるのであれば何が悪かったのか考えて次に活かさないといけません。

ずっと同じことをしていてもダメなので。

その何が悪いのかは自分では判断しにくいので、転職エージェントやハロワークの担当者に相談に乗ってもらいましょう。

わたしからは「とにかく諦めずに頑張ってください」としか言えませんが、応援しております。