派遣社員

派遣「更新なし」の通知!会社に行きたくない時の対策と今後について!

落ち込むサラリーマン
  • 初回更新でいきなりクビになった
  • やっと慣れてきた仕事なのに更新なしって言われた
  • 仕事量が減ってると思ったけどまさに自分が・・・

残り期間があるけどもう会社に行きたくない、次の仕事どうしようと不安に思っている人へ。

更新なしなら会社に行く必要もないと思ってしまうし、モチベーションも上がりませんよね。

また、複数人同時に入社して更新なしが自分だけだった場合、とても会社に行きづらいのもわかります。

そこで今回は、突然の契約更新なしや派遣切りにあう原因と対策について紹介したいと思います。

派遣の更新なしを宣告された事例

そもそも派遣社員って仕事の期間が定まっており、契約更新があるのが前提です。

そのため、更新なしは全然あり得る話。でもいざ自分のこととなると凹むし、不安ですよね。

でも、現実にはそういった人はたくさんいるんです。

このように年齢、スキル、派遣先の都合など、更新が継続されないケースは様々あります。

派遣更新されない理由(派遣先と派遣スタッフそれぞれのケース)

次回更新がなしになる原因は、派遣先の都合によるものと自分自身(派遣スタッフ側)の場合があります。

それぞれにどういった理由があるのは見ていきましょう。

派遣先の売り上げ減少・人件費の削減

派遣先企業の売り上げが落ちている、業績が悪いために人件費削減で更新がなくなるケースがあります。

最近だとコロナウイルスの影響などですね。

これが原因の場合は仕方ありません。

企業としては自社で雇っている正社員よりも派遣会社から来ている派遣スタッフを先に切るのは当然のことなので。

悔しい、悲しい気持ちも分かりますが、この場合、あなたに非はないので凹まず次に進みましょう。

派遣先企業の経営方針の変更

例えば、会社の社長が交代になる、会社が買収されて親会社の方針に従うようになる等、それが原因で派遣社員を雇わなくなるといったこともあります。

なかには支店長がわかるなど、支店や営業所単位で方針の変更になることもあります。

この場合も派遣先都合なので、どうしようもありません。

あなたに非はありませんので落ち込まないでください。

派遣先の正社員に嫌われる

正社員より仕事ができていることが鼻につく、生意気な態度で社員から嫌われているとか。

そこの社員の好き嫌いやえり好みで派遣を切るケースもあります。

これっていじめにも等しいし、あってはならないことですが、職場の雰囲気を乱している状況もよくありません。

派遣スタッフの愚痴をSNSで言ってる人も多いですが、何かと理由をつけて派遣会社に告げ口して辞めさせるように仕向ける人たちもいるんでしょうね。

年齢によるもの

やはり年齢が高くなってくると更新も難しくなります。

職場としても若い世代を雇いたいと思うのは自然なことなので。

わたしがいた職場にもベテランの派遣さんがいたんですが切られました。

ある飲み会で仲のいい正社員の人が言っていましたが、単に高齢になると仕事のパフォーマンスに影響がでるだけでなく、年上すぎると若い正社員が接しにくい、仕事を依頼しにくいといったこともあるようです。

派遣スタッフのスキル不足

仕事がスムーズに進まない、業務がうまくまわらないなど、派遣スタッフ自身のスキルが不足している場合も更新なしになることがあります。

派遣先としてもきちんと仕事をこなしてくれる人材を求めているので、それに必要なスキルをもち合わせていない人は厳しいですがクビです。

ただ一概に派遣スタッフが悪いというわけではなく、派遣会社が条件と違った派遣先を紹介してしまったケースもあり得ます。

未経験でもOKと言われたのに違ったとか、聞いていた業務内容とは違った仕事させられたとか。

そういった場合は派遣した方に責任があります。

派遣スタッフの勤務態度が悪い

いくら仕事ができても遅刻や欠勤が多いとマイナス評価になってしまいます。

また、他の社員と馴染めずに社内の雰囲気を悪くしたり、ビジネスマナーがなっていない、コミュニケーション能力の欠如しているような場合も更新に影響してしまいます。

このように派遣の更新がなしになるケースは、相手や自分それぞれあります。

派遣会社に契約更新なしの理由を聞いても大丈夫?

首を宣告された側としては気になるのが、なぜ更新してくれないのか? その原因ですよね。

何が悪かったのが原因が分からなければ今後改善のしようがありません。

でも理由を聞いても良いのでしょうか?

答えはOK。

これは派遣先ではなく派遣元の担当者に聞いてみましょう。

更新無しの原因が相手の都合なら仕方ありませんが、こちらに非がある場合は改善しましょう。

「次の契約更新なし」で会社に行きたくない時の対処法

更新無しを宣告されても残り期間があるため会社には出勤しなければなりません。

クビを宣告されたも同然ですから、行きたくない気持ちは分かります。

また、同じ職場に数名派遣スタッフがいて自分一人だけが更新なしの場合、余計に会社に行きづらいですよね。

では、会社に行きたくない場合どうすればいいのか?

契約満了日まではしっかり勤めるべき

会社に行きたくない気持ちも分かりますし、行っても無駄に感じるかもしれません。

でも契約期間が決められている以上は社会人としてルールをしっかり守るべきです。

休んでしまうとその分給料も減って自分が苦しくなるだけですし、バックレるような人は信用を失い次回から紹介もしてもらえなくなります。

ですので、最後まで勤めきりましょう。

その際、モチベーションが上がらなくてもいいですし、張り切って頑張らなくてもOKです。

ただやるべきことを淡々とこなし、「その日」が来るまでやり過ごしてください。

次の転職先を探しておこう

やるべき仕事はやりつつ、自分の今後のことも対策しておかなければなりません。

時期が来ればその会社ともおさらばですから、隙間時間や昼休みなどを使って転職先を探しておくことをおすすめします。

派遣社員である限り更新なしのリスクは付きまとう

仕事を探すにあたってまた派遣社員を続けるのはおすすめしません。

またいつ同じように更新なしになるかわからないからです。

派遣社員である限りそのリスクはついて回るため、安定した職に就くには正社員になるのが間違いありません。

ただ、転職活動と同時に派遣会社の営業担当に次の仕事の紹介も依頼しておくと良いでしょう。

転職先が見つかれば断ればいいだけですし、もし転職先が見つからなくても紹介を依頼しておけば次の派遣先が見つかるかもしれません。

保険だと思っていくつか対策を打っておくのが吉です。

正社員の仕事を見つける方法

次は派遣ではなく正社員を目指すことをおすすめします。

正社員としての転職活動ですが、以下のような方法があります。

  • 転職サイトに登録
  • 転職エージェントに登録
  • ハローワーク求人をチェック
  • 紹介予定派遣の案件を担当に紹介してもらう

このなかでおすすめなのは転職エージェントの登録と紹介予定派遣の紹介です。

その理由は、どちらも向こうが企業を紹介してくれるから。

紹介予定派遣とは、派遣先の企業が求人募集時に直接雇用を前提にしていることを明示しているお仕事のことです。

派遣期間を試用期間とし、その期間内にお互いが合意すれば派遣先と直接雇用を結ぶことができます。

転職エージェントで転職活動をするメリット

転職エージェントとは、求職者と企業との橋渡しをするサービスで、

  • 希望条件に合った企業を紹介してくれる
  • 履歴書等書類作成のアドバイス
  • 面接のアドバイス
  • 情報の提供
  • 年収の交渉
  • 非公開求人の紹介

など、求職者が転職を成功するための手助けを無料でやってくれます。

転職エージェントの仕事

自分一人で転職サイトで求人を探す、ハローワークに通う、職業訓練校に行く人もいるでしょうが、すごく大変です。

やはり転職活動の質を高めて、本当に自分に合った企業と巡り合うためにはプロにサポートしてもらったほうが安心です。

それと最もおすすめなのが非公開求人の紹介です。

転職エージェントは独自に一般公開されていない非公開の求人を持っています。

ネットで調べただけでは出会えない求人がたくさんあるので、選択肢が大きくひろがあります。

おすすめの転職エージェントやよくある質問はこちらのきじにまとめたので、あわせてご覧ください。

転職先が見つからない、しばらく働きたくない人は失業手当をもらいゆっくり探してもいい

更新無しのショックが大きくしばらくは働きたくない、転職先がなかなか見つからない。でも生活には稼げないといけない。という人には失業手当があります。

失業手当はもらえる期間が平均3ヶ月ほどです。

収入がゼロになるリスクは減らせるので、ハローワークに行って相談してみましょう。

なかには社会保険を適用することで退職後の手当を「最大28ヶ月」延長することができる制度もあります。

そして、ネットにはこの制度への申請をしてくれる代行サービスのようなものもありますが注意が必要です。

あくまでこれは精神的に就業が無理といった人を対象にしたものであって、それを誰でも最大28ヶ月受給できるといった謳い文句で宣伝している業者もいますので気を付けてください。

本当に精神的に参ってしまって仕事ができないのなら、ネットではなく地元のハローワークに行ってそういった作業をしてくれる社労士さんなど信頼できる業者さんを紹介してもらったほうが安心です。

すぐに働きたくない、働けない場合はとりあえず失業手当をもらいながら、転職エージェントを活用して求人を紹介してもらうのがおすすめです。

無理をして仕事ができなくなってしまっては大変なので、焦らず活用できる手当やサービスを利用しましょう。

気持ちを切り替えてリスタートしよう

わたしも40代まで派遣社員をやってきたので、その不安定さはとてもわかっています。

いつかこういう日が来るとは分かっていても、いざ自分の身になると不安ですよね。

でも、それを嘆いていても仕方ありません。

更新無しの理由が、派遣先の都合なら仕方ないので、気持ちを切り替えて次に進みましょう。

もし、非が自分にあるのならそこを改善する努力をすればいいだけです。

また今後、同じ状況を避けるためには、派遣社員を続けるのではなく正社員への転職を検討したほうが良いでしょう。

わたしも42歳で未経験の仕事ながら正社員へと転職することができました。

転職エージェントを使って非公開求人の紹介をもらったり、ハローワークに行ったり、できる準備は今のうちから進めておくと良いです。

ぜひ前向きに取り組んでみて下さい。

応援しております。