派遣社員

40代の派遣でスキル・資格・仕事もなしって人は正社員への転職にチャレンジすべき!

正社員へトライ

40代で派遣会社に登録しているけど資格もスキルもないので、なかなか仕事を紹介してもらえない。

何の取り柄もない40代の派遣社員だけど、このさきどうなるのか将来が不安。

このようにスキルも実績も経験も・・・自分には何の取り柄もないと悩んでいる40代へ。

そんな人がスキルや資格もあって優秀な人材と比べれば、採用率が低くなるのは事実だし、転職だって難しいのは明白です。

だからといって、そこで諦めたら今より大変な50代、60代を迎えることになるでしょう。

ここでは42歳で資格もスキルもないわたしが、未経験の仕事(正社員)に転職出来た経験談をシェアします。

転職して思いますが、諦めずにやればできます。派遣の仕事を探すよりも正社員への転職にチャレンジしてみましょう。

40代の派遣社員に求められるスキルや資格とは?

仕事を紹介してもらいやすくする、採用率を高めるためには以下のようなスキル等が必要になります。

パソコンスキル

どの仕事でもパソコンは必ずと言っていいほど使います。

そのため、WordやExcelといったオフィスアプリの基本操作くらいは求められます。

事務系の仕事を探す人は、MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)のような、パソコンスキルを証明できる資格を取得する人が多いですよね。

あとは、ブラインドタッチ(キーボードを見ずにタイピングすること)まではできなくても、スムーズにタイピングできるようになっておいたほうが良いでしょう。

その他、パソコンの基本操作、印刷の仕方など、業務で使うような作業ができるのは大前提となります。

ビジネスマナー

こちらはスキルというよりも当たり前のマナーです。

身だしなみ、挨拶、時間を守る事、報連相など、一緒に仕事をする人に迷惑をかけない当たり前の行動ができるかどうか。

遅刻が多いとか、無断欠勤をするとか、仕事の納期を守らないとか、そういった行動はNGです。

コミュニケーション能力

知識やパソコンスキルなどよりも重要視さることが多いのがコミュニケーション能力です。

社内の人間関係をうまく構築できるか、社内の雰囲気を乱さず円滑に業務に取り組めるかといったこと。

40代で新しい職場に入社すると当然年下の社員もいるでしょう。

そういった人たちとも問題なく付き合えるコミュニケーション能力は問われます。

業種によっては専門的な知識やスキルが必要

その他、業種や職種によっては専門的な知識やスキルが必要です。

医療・IT・英語など、スキルの習得は容易ではありませんが、このような専門的なスキルがあれば重宝されます。

派遣にこだわらず正社員への転職にチャレンジすることをおすすめします

40代の派遣社員が仕事を紹介してもらうためには、上記のようなスキルや経験等が必要です。

しかし、何もないという人であっても、派遣ではなく正社員への転職をおすすめします。

派遣よりも正社員になるほうが難易度が高いんじゃない?と思われるかもしれません。

でも、42歳で派遣から正社員へと転職した経験者として、このまま派遣の仕事で探し続けるのは辞めたほうが良いと思うんです。

というのも、派遣は派遣であって、この先もずっと更新なしや派遣切りのリスクが付きまとうから。

もし、経験やスキルがなくて仕事が見つかったとしても、数年後や50代になった時に果たして仕事があるのか?

それにずっと変わらぬ時給で将来の貯金や出費に耐えることができるのか、わたしはすごく不安でした。

派遣である限り、子供の教育費、自分の老後の資金、日々の生活費・・・こういったお金に関する悩みから解放されることはありません。

だから、40代でスキルや資格がなかろうが、無謀と思われようが正社員への転職にチャレンジすべきです。

40代、50代、60代、派遣は年々厳しくなる事実

厚生労働省の調査によると、年代別の派遣社員の割合は以下のようになっています。

  • 30~34歳は24.5%
  • 35~39歳は13.2%
  • 40~44歳は8.4%
  • 45~49歳は5.9%
  • 50~54歳は3.7%
  • 60~64歳は2.8%

参考:派遣労働者調査

見ていただくと分かりますが、40代以降の派遣社員の割合は、かなり減っています。

50代なんてわずか3.7%です。

スキルも資格ない人がその3.7%に入るのは至難の業でしょう。

  • 派遣である限り仕事がなくなるリスクが付きまとう
  • 年々、派遣の採用率は低くなるため厳しい

こういった理由から40代で正社員への転職をおすすめします。

派遣よりも正社員になるほうが難易度が高いと思われるかもしれませんが、引け目や不安を感じる必要はありません。

チャレンジしなければ、上記のリスクが現実になるだけ。

42歳のわたしもできたので、やるだけやってみる価値はあります。

スキルや資格がないなら不要な職を探せばいいだけ

派遣であっても正社員であっても、

  • 基本的なパソコンスキル
  • ビジネスマナー
  • コミュニケーション能力

これらは最低限必要です。

逆を言えばそれ以上のスキルや資格はなくても大丈夫です。

とにかく、上記の3つは最低限できるようにしておいて、あとはそれ以外のスキルや経験、資格が不要な職を探せばいいだけなので。

わたしもこれまでとは全くの畑違いの仕事に就きました。

未経験OKで募集している企業はあります。

そういった企業を探しましょう。

高い理想を求めるならそれ相応の努力が必要

スキルも経験もない40代がめちゃくちゃ年収が高くて楽な仕事に就くのはほぼ無理です。

それは当然ながら意識しておいたほうが良いでしょう。

それなのに理想ばかり高くて、なかなか仕事が見つからないって人は努力をするしかありません。

自分が希望する年収がもらえるために必要な資格を取るとか。

それ相応の努力が必要です。

努力もせずに理想ばかりを追い求めても現実問題仕事は見つからないでしょう。

あくまでも40代、スキルなし、資格なし、経験なし。

こういった人を求めている企業に、そう条件の良いところはないことを理解したほうが良いですね。

これを機に正社員になろう

わたしがここまで派遣から正社員への転職をすすめる理由は、将来の安定性や年収がまったく違うからです。

契約更新のたびにドキドキする必要もなく、年収だって派遣の時は200万円だったのが100万円以上アップして、320万円になりました。

40代でスキルなしだろうが、このまま何もせずに50代を迎えるよりはチャレンジだけでもする価値はあると思います。

何もしなければ現状維持、もしくは仕事が見つからない状態が続くかも。

挑戦すれば明るい未来が手に入るかもしれない。

だったらやらない理由はないですよね。

転職活動に関しては、ハローワークや転職サイトも良いですが、一番は転職エージェントの活用がおすすめです。

転職エージェントは、希望条件に合った求人を紹介してくれるし、そこにしかない非公開求人があるので、ネットで検索しただけでは出てこない求人がたくさんあります。

つまり転職の確率も上がるし、職業選択の幅も広がるってこと。

他にもたくさんメリットあって、しかも無料で利用できるので使わない理由がないです。

40代で何のスキルもない人でも大丈夫。

ぜひ転職エージェントで脱派遣を目指しましょう。

40代で未経験の仕事に正社員雇用された経験者からのアドバイスでした。

応援しております。